読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ガラケーからで読みにくい場合は、こちらが見やすいかもしれません。
定時更新の「毎日の占い」は、「石井ゆかりの星読み」へどうぞ!


今日の占い(5/7)今日は牡牛座の月。ジャスト新月は早朝4:31だったけど、太陽と同座している間は断然新月モードで、「はじまり」のタイミング。水星と3星がダンゴになって、冥王星・木星とトラインで、地のグランドトラインになる。土星とインコンジャンクトの茶々も入ってる。

たとえば、私たちは地球が回っていることを「回っている」というふうに体感はできないけど、朝晩の光の変化や季節の変化などで「感じて」はいる。そういう、私たちを包んでいる非常に大きな力は、「感じ取っているのに、わかりはしない」ようなところがある。

集団の力とか時代の力なんかもそうで、私たちはひとりひとりでいるときと集合したときとで、頭の使い方も違う、とどこかで読んだ。ほんとかどうかわからないけど、経験的にも、ちょっとニュースを見ても、集団でいるときと一人でいるときの「人」は、確かに、同じ人でもずいぶん違うことをするようだ。

そんなふうに、冥王星-木星の地のトラインには、私たちを包んでいる大きすぎるような力のイメージがあるんだけど、その転換点のようなものがここに置かれている、という感じもする。あるいは「直接にはわからない力なんだけど、朝晩の光の変化や季節の移り変わり、星の動きなどから分析すれば、

地球が回っているという秘密を解くことができる」みたいなこともある。水星逆行はまさに、地球の公転のナゾを解く大きなヒントだったわけで、今逆行している水星は、私たちが「大きな力の秘密に気づくきっかけ」をくれているのかもしれない。でも、ガリレオが裁判にかけられたように、

私たちは自分の世界観を覆すような大きな秘密は「知りたくない」と思うものなのかもしれない。 前述のとおり、新月は「はじまり」のタイミング。ゆっくり、ゆらゆらと前後に揺れながら、それでもなにかがどっしりと、いやおうなく始まっていく感じ。

グランドトラインは、非常に大きな船、という感じがある。大きな乗り物は、動いていることさえよくわからなかったりする。で、その動きに逆らうことはできない。止めることも発進させることも大仕事だ。そういうような流れの「スタート」。

牡羊座は「材料を余すところなく使う」とか、「もののポテンシャルを最大限に引き出す」みたいな感じの日。牡牛座は「特別な星の時間」のなかにいるような日。とても大事なことが始まりつつあるかも。人生の骨格みたいな愛や理想が大きく動いていくような。

双子座は自分の心の世界にどんどん入っていける入り口を見つけるような日。自分の心なのに「こんな場所があったんだ!」みたいな発見がたくさんあるかも。あと、「無私の優しさ」が生まれるような日。

蟹座は自分で自分のためのカリキュラムを組むような日。希望にあふれている。あと、「友」の存在を実感できるような日でもある。獅子座は懐かしくも新しいミッションをスタートさせるような日。かつては人に任せていたことを今度は自分でやる、とか。

乙女座は「いざなわれる」ような感じがあるかも。ある方向にすうっと引き寄せられていくような感じ。新しい思想や考え方。旅に出る人も。天秤座は誰かに「許される」「許可される」ような感じがあるかも。自分では許せなかったことを誰かに代わりに許してもらって、それで解き放たれる、みたいなこと。

蠍座はきらきらの出会いの日。誰かに会いに行くか、誰かが会いに来てくれるか、そんな冒険みたいな楽しさがある。射手座は何か新しいことを頼まれるかも。「貴方を見込んでお願いします」という形なんだけど、その「見込まれ方」が新鮮だったりとか。

山羊座は愛が生まれるような日。あるいは、愛が「生まれ変わる・再生する」みたいな。やがて傑作となる大作の最初の一筆をのせるような感じもある。

水瓶座は人に包まれているような感じがするかも。守られていることや支えられていることを実感するような日。あるいは逆に、自分が誰かを守り温めている力について、自信を新たにするような日。魚座は靴を新調するような日。あるいは、特別なメッセージを受け取れるかも。新しい段階に入る対話。

これでぜんぶかな

※占いに関するご質問は、Q&Aページどうぞ。

※ 拙著や雑誌特集などへのご感想RTがわりのまとめはこちら