読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ガラケーからで読みにくい場合は、こちらが見やすいかもしれません。
定時更新の「毎日の占い」は、「石井ゆかりの星読み」へどうぞ!


今日の占い(6/4)月は12:02、牡牛座から双子座へ移動。ジャスト新月は5日昼間だけど、月と太陽が同座すると既に新月モード。新しい対話の始まり、解きほぐされ、本来の意味を取り戻すものたち。息を吹き返すものたち。

今日は、午前→午後、みたいなかたちでいこう。

牡羊座は「手に入れる」→「名前をつける」。獲得したものに新しい意味と物語を与えるような日。牡牛座は「対決する」→「噛み砕く」。正面から見た顔と、後から思い出す横顔を合成するような日。双子座は「思い出す」→「刻みつける」。自分の中から掘りだしたものを今の自分の中に組み入れる。

蟹座は「見通しをつける」→「調整する」。未来の計画に向けて、今ある条件を取捨選択するような日。獅子座は「完成させる」→「次につなげる」。収穫したものの分配と来期の種まきを采配する。乙女座は「外遊する」→「帰国する」。外で学んだことを自分の王国に合うように再構成するような日。

天秤座は「引き受ける」→「積み荷に加える」。人から託されたものを自分の船に積み込むような日。蠍座は「会う」→「近づく」。テーブルをはさんで話したあと、外に出て並んで歩いて更に話す、みたいな日。

射手座は「習得する」→「人前で披露する」。スピーチを一生懸命練習して、いざ本番に臨む、みたいな段取り。山羊座は「楽しむ」→「責任を負う」。タダで配っていた自作のアイテムに、対価を払う人が現れるような日。

水瓶座は「安心」→「スリル」。帰る場所があるからこそ、ワクワクすることに挑んでいける、みたいな日。魚座は「話しかける」→「居場所を得る」。人の輪の中に入っていって、その中に溶け込む、みたいな日。

これでぜんぶかな

※占いに関するご質問は、Q&Aページどうぞ。

※ 拙著や雑誌特集などへのご感想RTがわりのまとめはこちら