読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ガラケーからで読みにくい場合は、こちらが見やすいかもしれません。
定時更新の「毎日の占い」は、「石井ゆかりの星読み」へどうぞ!


今日の占い(6/12)今日は乙女座の月。水星とトラインに向かう、のだけれども 水星は13日の8時半前に双子座へ抜けてしまうのでトラインになるのは天秤座。とはいえ、リセプションもあるし、しっかり地のグランドトラインの雰囲気の中にある。

もう少しでぱあっと風の世界に舞台が移る、その直前の、かなり熟成してきた地の世界のドラマ。地に足の着いたリズムを作る、地道でゆたかないとなみ。たとえば、日々使う道具にも花や美しいものが描かれているような、感受性のひろがり。

牡羊座は宝石を磨くような日。自分自身の「持っている力」を強めていくような。 牡牛座は書き溜めた手紙をどしどし発送しきるような日。在庫放出みたいな自己表現。双子座は歩を止めて時間の真ん中に立つような日。どーんと世界の中心に自分を位置づける。

蟹座は味方の存在を強く意識できるような日。外界と自分とのつながりによる安心感。獅子座はラクな気持ちですごいことができるような日。何気なくやっていることが大絶賛される、みたいな。乙女座は温存してきた力を表に出すような日。ここぞという時の必勝アイテム。

天秤座は一見消極的に見えて実はとても深く考えている、みたいな日。押してダメなら引いてみる、とか。蠍座は豪快、豪放磊落な感じの日。人間の心というものに対する信頼の深さ、厚み。射手座は「実績」を高く評価されるような日。現実に積みあがっている成果。

山羊座は学んだことに自分の考えをしっかり投入できるような日。鵜呑みではなく、消化して血肉にする、みたいな。水瓶座は最初から手に入れることが決まっていたみたいなギフトがもらえるかも。驚きのフィット感。

魚座は「先回りして相手の答えを想定する」ことを手放して初めて成り立つ発信ができるかも。発信の「その先」のことを相手に完全に預けてしまう、みたいな。

これでぜんぶかな

※占いに関するご質問は、Q&Aページどうぞ。

※ 拙著や雑誌特集などへのご感想RTがわりのまとめはこちら