読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ガラケーからで読みにくい場合は、こちらが見やすいかもしれません。
定時更新の「毎日の占い」は、「石井ゆかりの星読み」へどうぞ!


今日の占い(6/17)今日は蠍座の月。火星とコンジャンクションに向かう。火星と天王星のインコンジャンクトもまだ圏内で、そこに月が重なると、なんかこう、熱した油に水が触ってバチバチッ!!となるみたいな、スパークするみたいなイメージがわく。

今日は映画っぽいあれでいこう

牡羊座はスリリングなアクションドラマみたいな日。どんでん返し系。例外的かつ強引な展開のイメージ。牡牛座は探偵と犯人が熱く肉迫しつつ対決していく推理物。敵だか味方だかもうわからない。犯人を追い詰めているようで、実は自分自身が変えられていく探偵の人間ドラマ、みたいなメタな感じ。

双子座は何気ない日常生活の中に、妖怪であることを隠した転校生がやってくる、みたいな学園ドラマ。にじみ出る個性、何気なくなくなる日常のスリル。蟹座はケンカするほど仲がいい、ドタバタのラブコメ。素直になれないが故にトラブルが起こるが、そのトラブルを通して心が成長していく、みたいな。

獅子座は家の中に宇宙人をかくまって仲間になる、みたいな、E.T.みたいなアレ。っていうかもうE.T.。本物の友情はどこにでも生まれうる。乙女座はハッキングもの。知性と知性のぶつかり合い、解読されていくコード。どんなにデジタルでも、その向こうにあるのは、人間のナマな心だったりする。

天秤座はトレジャーハンティングもの。お金に詰まった者同士、呉越同舟で一獲千金を狙って冒険に出るみたいな日。欲があるから、遠くまで行ける。自分の欲を認めたところで可能になる旅、ミッション。

蠍座は変身もの。変身した姿にこそ、自分の本質が映し出される、みたいなことも。魔法をかけてくれた相手がひそかに期待していることもある、みたいな。

射手座は「一冊の日記から過去を紐解く・・・」みたいなアレ。タイムスリップするみたいに、知っていたはずの過去が別の情報に照らされて新しい物語になる。その物語によってアイデンティティとかこれからの人生の意味づけが変わる、みたいなことも。

山羊座は「アルマゲドン」みたいな、「やることやるだけさ」系の壮大な仕事人もの。大スケールのテーマに、「いつもどおり」で立ち向かうかっこよさ。自分とは何かということを、大きな世界に触れることで見直せるような。

水瓶座は時代の激変と大恋愛を描いた歴史もの。ニコール・キッドマンがグレース・ケリーをやってるあの映画を見たい。。じゃなくて、ミッションと愛ががつっと結びついたような、すごく達成感のある日。気高さとしたたかさ、力強さ。

魚座は自分探し系ロードムービー。どこかにあるはずの自分自身を見つけようとして、実際は、自分のいるべき世界を見つける、みたいな展開。外へ外へと向かうほど、中へ中へと入っていく。

これでぜんぶかな

※占いに関するご質問は、Q&Aページどうぞ。

※ 拙著や雑誌特集などへのご感想RTがわりのまとめはこちら