読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ガラケーからで読みにくい場合は、こちらが見やすいかもしれません。
定時更新の「毎日の占い」は、「石井ゆかりの星読み」へどうぞ!


今日の占い(6/24)月は水瓶座で水星とトラインへ。18日にピークを迎えた土星と海王星のスクエア、26日にピークになる木星と冥王星のトラインに対して、ある意味「すきま」みたいなところにいる。支配的な力に対してあえてダイレクトに絡まず、知的・客観的に注視している、みたいなクールさ。

とはいえ、水瓶座の支配星である土星から天王星へとバトンをつなげていくような動き、ともいえる。古くから存在する、「新しいものを目指す力」。古来、人間は何度もくりかえし、革命や改革を経験してきている。最新の流行も「流行は繰り返す」みたいなことだったりする。

これは「温故知新」みたいな成長をイメージしたことではなくて、むしろ、ぐるぐる回っていく時間の新陳代謝的なサイクルの中で、定期的にめぐってくる「目新しさ」みたいなものなのかなと思う。

牡羊座はいい会議ができるような日。自分自身との生産的な会議もできる。いい案が決まる。牡牛座はたくさんしゃべりながらいい仕事をしてる感じの日。雑談しまくってるのに集中している、みたいな。双子座は引き続き、スムーズな旅をしてるみたいな日。偶然さえも段取りみたいにタイミングがいい。

蟹座は無駄遣いのようで無駄じゃない、みたいな日。目に見えないパイプのつまりを洗い流している。環境においても、心においても。獅子座はごく自然に「友情」が生まれるような日。心が共鳴しあう音。乙女座は忙しさの中にあってなぜか「回復していく」感覚があるかも。治っていく傷、癒える渇き。

天秤座は引き続き、精神的な高さのある愛の日。愛の世界で「達成すべき目標」が見えているような。蠍座は周囲に「馴染んでいる」自分を感じるかも。溶け込んでいる感じ、「中にいて守られている」感じ。

射手座はチェスや将棋を楽しむような日。知的な力の拮抗、いい勝負。いい勝負は人を大きく育てるところがある。山羊座はマニュアルや資料、過去の記録などの蓄積を「活かす」感じの日。経験の中から方法論を精製するような。

水瓶座は引き続き、メインキャラとして大活躍する感じの日。透明感のあるストレートな自己主張、自己表現。魚座は他者への優しさが自分自身への優しさとして「還元される」感じの日。許せるなら許される、みたいなこと。

これでぜんぶかな

※占いに関するご質問は、Q&Aページどうぞ。

※ 拙著や雑誌特集などへのご感想RTがわりのまとめはこちら