読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ガラケーからで読みにくい場合は、こちらが見やすいかもしれません。
定時更新の「毎日の占い」は、「石井ゆかりの星読み」へどうぞ!


今日の占い(7/8)今日は乙女座の月、さっき入ったとこ。太陽と冥王星ががしっとオポジション、冥王星は「地中の富」みたいなイメージの星なんだけど、「地中」中の「地中」である山羊座に入ってて、蟹座もまた「外を隔てて内側に隠す」星座なので掘り起こす深さがすごい、みたいな感じがするし

掘り起こしたものの扱い方もすごい、というイメージがある。ただ掘り出してその辺に置いちゃうんじゃなくて、掘り出したものを「あるべきように」扱う力、みたいなもの。この「あるべきように扱う」というのは、乙女座的でもある。

対象がもともと持ってる持ち味をうまく生かすような方法を乙女座の月は容易に考えつく、ということなのかなと思う。蟹座の水星と乙女座の月がミューチュアル・リセプション。とにかく甲斐甲斐しい。

牡羊座は心も伝わる仕事ができる日。いい仕事してますね!の仕事の中には強い情感がしみこんでいる。牡牛座は愛のメッセージの日。言葉の中にあらゆる知的配慮が詰まっている。双子座は心から安心できるものとか、確かだと思えるものを見つけるような日。ぐらぐらしない足場。

蟹座はドンドン話しながら物事を解決していくような日。風通しがよく、流れもはやい。獅子座は一人の時間を五感に訴えるもので縁取っていくような日。アイテムとか風景が時間のアウトラインになる。乙女座は信じられる希望や可能性を見つめて動ける日。「いける!」という確信。

天秤座はひそかに問題を感じていたことを「ついでに解決」しながら先に進める日。メインの目標達成に素早くサブの目標もまぜこむ、みたいな。蠍座は自分の力に一回り大きな力が加わってうれしい展開になる、みたいな日。子供が一人で奮闘しているところに大人の手がすうっと助けてくれる、みたいな。

射手座は「一泡吹かせる」「ぎゃふんと言わせる」みたいなパフォーマンスを出せるかも。ぱっと鮮やかに力を証明できるような。山羊座はかなり遠い場所でも誰かと一緒に行くのでごく近く感じるような日。しゃべってるうちについている。

水瓶座は餅つきみたいな日。杵をつく人と持ちをこねる人の、絶妙な呼吸。魚座は好きな人に会えるような日。会いたいもの、一緒にいたい存在といられる、みたいな。

これでぜんぶかな

※占いに関するご質問は、Q&Aページどうぞ。

※ 拙著や雑誌特集などへのご感想RTがわりのまとめはこちら