読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ガラケーからで読みにくい場合は、こちらが見やすいかもしれません。
定時更新の「毎日の占い」は、「石井ゆかりの星読み」へどうぞ!


今日の占い(7/31)今日は蟹座の月。水星はそれより前、3時19分に乙女座入り。朝の早い時間に月と水星がオウンサインに移動して、火星・太陽・海王星も今は自分の部屋で、なんかみんな「素」で話し合ってるみたいな雰囲気。あえて自分を作ったり変えたりせず、そのままでやってみる、みたいな。

水星はここから10月頭まで乙女座にい続けになる。このあたりから少し時間をかけて作り上げていく作業とか、まとまった時間を投入して取り組むミッションがスタートするかも。

牡羊座は敢えて動き回らないで、今という時間の真ん中にどっしり構えてみる、みたいな日。「内側」「中」に手を入れるような。牡牛座は普段なら言えないような思い切ったセリフを気軽に言えてしまう、みたいな日。心のフットワークがはじける日。

双子座は間接的に調子が良くなってくる感じがあるかも。休憩所とか、サービスエリアみたいなものの確保とか。蟹座は目新しいことがぽんぽん出てくる感じの日。はっと目を開いて二度見したいようなメッセージとか。

獅子座は「よって立つ思想」が自分の中にきりっと定まるような日。「これでいいのだ」という確信。乙女座はすごく生き生きしてくるかも。「水を得た魚」みたいな手ごたえ。ここから始まっていくことへの明るい希望。

天秤座は「これとこれとこれをきちっと片付けよう」みたいなtodoリストを作って、すぐ着手するみたいな日。期日がけっこうすぐ来る、最後の仕上げ。蠍座は以前ならあきらめるしかなかったけれど、今ならOK、みたいな選択肢を選ぶ感じの日。昔は理解できなかった本の意味が今はよくわかる、とか。

射手座はぼんやりしていたテーマに、意外な方向からぴたっとアウトラインができていくかも。「そこから手を付ければいいのか!」みたいな発見とか。山羊座は人と会ったり、会う約束をしたりする感じの日。どこまでも出かけて行って、会う、という意志の強さ。会うために会う。

水瓶座は細かいことからしつこく丁寧にこだわってやっていくような日。そういう意識を誰かと共有できたりとか。魚座は愛情とか望みなどを誰かを前にして「認める」ような日。そういう気持ちがあることを自分自身で言語化して認める、みたいな。思いを「定義」するような。

これでぜんぶかな

※占いに関するご質問は、Q&Aページどうぞ。

※ 拙著や雑誌特集などへのご感想RTがわりのまとめはこちら