読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ガラケーからで読みにくい場合は、こちらが見やすいかもしれません。
定時更新の「毎日の占い」は、「石井ゆかりの星読み」へどうぞ!


今日の占い(9/17)未明に魚座で月食。昨日も書いたけど、月食は「特別な満月」。今回は特に「終わりの終わり」もとい「終わりのまとめ」みたいな感じがある。去年の夏から今に至る時間の総まとめと、新しい時間への最終的なの準備期間のはじまり。

といっても、同時並行的に新しい時間はもうはじまっていて終わりと始まりの結節点に置かれている、蝶番みたいな部分、と言えるかも。

牡羊座は大きな疑問と大きな答えの両方を胸に深く抱くような日。牡牛座は良い答えが返ってくるとわかった上で安心して打診できるような日。双子座は過去の自分が作ってきた力の全てで大きく扉を開くことが出来るような日。

蟹座は本来きこえるはずのないような声が聞こえてきて勇気があふれ出すような日。獅子座は誰かから「誰にも見せたことの無いもの」を見せてもらえるかも。重層的な許可。乙女座は長い相談の果てに大事な約束を交わすような日。経緯があるからこそ交わせる約束。

天秤座は自分だけに出来ることを悟るような日。他の人には出来ないということがわかる。蠍座は引き続き、スケールの大きな愛の魔法の日。大きな作品が完成して自他を圧倒するとか。射手座はすべて自分の側に駒があって、それらをどう動かすか決めることを、精神的に引き受ける、みたいな日。

山羊座はいつも重要視している条件を敢えて度外視してガーンとスピードを出すような日。水瓶座は自分が持っているものの新しい使い方を、意外な人から教えられるかも。魚座は一皮むけた、と思ったら、さらに二皮くらいむけるみたいな日。

これでぜんぶかな

※占いに関するご質問は、Q&Aページどうぞ。

※ 拙著や雑誌特集などへのご感想RTがわりのまとめはこちら