読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ガラケーからで読みにくい場合は、こちらが見やすいかもしれません。
定時更新の「毎日の占い」は、「石井ゆかりの星読み」へどうぞ!


今日の占い(9/27)月は獅子座で、天王星とトラインに向かう。火星は夕方17時過ぎ、射手座から山羊座に移動。今年前半の蠍座-射手座の火星長期滞在が、ここで一区切り。この間、火星は地球に近づいていた、という意味でもすごく「勝負」感があったのが、ここで落ち着いていく感じ。

とはいえ、「たたかいが終わる」というイメージよりは、これまでは多少荒っぽいというか、後先考えずに暴れているようなフシもあったのが、ここからは山羊座の火星で「しっかり確実に勝利を決めていく」というような、骨太で落ち着いた闘いになっていくイメージ。

牡羊座はとても有利に物事が進む感じがするかも。素晴らしい愛の日でもある。牡牛座は「根っこから養分を精一杯吸い上げる」みたいな日。双子座は「当たって砕けろ」みたいにぶつかったらすんなり受け入れられる、みたいなことがあるかも。

蟹座はぐるぐる燻っていたエネルギーが「出口」を見いだすかも。パワーを表に出せる場所。獅子座は新機軸を出していける感じの日。「ここまでやっても大丈夫なんだ」みたいな発見とか。乙女座は優しさがある頂点に達するような日。人の心の真髄を見るような。

天秤座は自分が居るべき場所に向かって、川をぽんと飛び越えて渡るような日。蠍座は旗を高く掲げて進むような日。あるいは、山の頂点にたって旗を立てるような。射手座は熱を放出して、すうっと清らかな空気に触れるような日。砂漠の夜のような、熱気が冷めた、美しい星空。

山羊座はこれからくる「勝負」に備えて、誰かがいいものを贈ってくれるかも。知恵を授かるとか。水瓶座は引き続き、人と会う感じの日。気高い、頼れる導きに恵まれるような。魚座はミッションが良い形で着地するのを感じられるかも。汗をかいたことの意義を認められるような。

これでぜんぶかな

※占いに関するご質問は、Q&Aページどうぞ。

※ 拙著や雑誌特集などへのご感想RTがわりのまとめはこちら