読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ガラケーからで読みにくい場合は、こちらが見やすいかもしれません。
定時更新の「毎日の占い」は、「石井ゆかりの星読み」へどうぞ!


今日の占い(10/2)月は天秤座、新月は昨日だけど、太陽と同座しているあいだはまだまだ新月ムード。新月は「はじまり」のタイミングで、今回は特に活動宮、木星もいるので、意思をもって何かを自分から始めたい、という気持ちが強まるかも。

天秤座は審美眼の星座で、美しさに伴う規範とか、ルール、規則性みたいなものを重んじる。感覚的な美しさ(牡牛座)に対し、ロジカルな美しさを目指す世界。感覚的な美しさは、自分の感覚だから絶対的なものだけど、ロジカルな美しさは「誰が見ても美しい」という客観に裏打ちされないといけない。

牡羊座は引き続き、人に会ったり会う約束をしたりする感じの日。自分の中の一番新しい部分とか、とんがったところに興味を持ってくれるような相手。牡牛座はずれていた骨をはめなおしてもらうみたいな日。ごぎがぎっ!みたいに。

双子座はごく斬新な自己主張とか、愛情表現の日。気持ちよく心のカベを突き破っていくような。「え、そういうのが好きなの?」って驚かれたりとか。蟹座は落ち着いて少しずつやっているうちに、いつのまにか膨大なタスクをクリアしていた、みたいな日。

獅子座は言葉遊びしたり、冗談を言ったりしているうちに、面白い計画が生まれる、みたいな日。乙女座はもらってきた古いテレビを分解してすごいロボットを作る、みたいな日。天秤座はたとえば、今まで見下してきていた人が対等に扱ってくれるようになる、みたいなことがあるかも。

蠍座はとても新しくて複雑なことなのに、なぜかぴんとくる、みたいな日。ぱっと勘所がつかめる。射手座は自由度の高いネットワークが十全に機能する、みたいな日。積極的な現地集合現地解散。山羊座は心を覆っていたお布団のようなものをぱっと跳ね上げて、思いつきで行動を起こす、みたいな日。

水瓶座は引き続き、どこにでも、どこまでも行けそうな日。心の中の境界線を越えていく冒険。魚座はコイントスで行き先を決めるみたいな、何かに自分をゆだねる「賭け」というささやかな反逆を楽しむような日。

これでぜんぶかな

※占いに関するご質問は、Q&Aページどうぞ。

※ 拙著や雑誌特集などへのご感想RTがわりのまとめはこちら