読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ガラケーからで読みにくい場合は、こちらが見やすいかもしれません。
定時更新の「毎日の占い」は、「石井ゆかりの星読み」へどうぞ!


今日の占い(12/5)月は水瓶座で、火星に重なりに行く。このところ天王星とカイロンのセミセクスタイルがあるけど「目立たないけど結構画期的な新しい治療法」みたいな感じで面白い。つい、目立つことや声の大きいことばかりに目がいきがちだけど、目立たないけど革新的なこと、というのも

けっこう、身の回りにあるんじゃないかと思う。「驚く力」がないと驚けないこと。小さい子は何にでも驚くけど、大人になるとあまり驚かなくなる。でも、ほんとはびっくりするようなことなのに、わかったふりをしちゃってるだけなのかも、みたいなこととか。

牡羊座は自分が敷いておいたレールにいろんな人が思い思いに乗ってくる、みたいな日。牡牛座は「勝負に出る」ような日。目に見えない何かを吹っ切るような。双子座はけっこうマイナーな目的地なのに、偶然行き先が同じだった仲間に連れて行ってもらえる、みたいなことがあるかも。

蟹座はリスクをうまくかぎ分けてよけながら、するするっと前に出られるような日。獅子座は「ケンカするほど仲がいい」みたいな日。熱い愛があるからこそ言い合えること、与え合えるもの。乙女座は強気な優しさの日。怯えて吠える傷ついた犬を治療するみたいな強いやさしさ。

天秤座は引き続き、積極的で強引な愛の日。どんどんガツガツいく感じ。蠍座は畳を干してバンバン叩いてるような日。積もり積もったほこりをたたき出すみたいな気合。射手座はすごくスピードの出る乗り物に乗るような日。どこにでもいけるよ、となったとき、どこに行くか、みたいなこと。

山羊座は大漁による奮闘、みたいな日。たくさんとれればそれだけいそがしくなる。水瓶座は「ここまででいいかな?」と思ったラインから少しずつはみ出していくうちに全体がとても大きくなっていく、みたいな動きの中にあるかも。

魚座はひそかに真剣勝負を挑んでいる、みたいな日。人に言ってもわからないような複雑な勝負所。

これでぜんぶかな

※占いに関するご質問は、Q&Aページどうぞ。

※ 拙著や雑誌特集などへのご感想RTがわりのまとめはこちら